妊娠中の光脱毛は避けるべき理由

QhL9oTQ6.jpg妊娠中には、光脱毛などの施術を受けることは適切ではないと言われます。その理由としては、まず、妊娠すると、体内のホルモンバランスが崩れるということが挙げられます。毛の成長や発育には、ホルモンのバランスが密接に影響しています。そのため、妊娠中には、体毛が濃くなったり、反対に薄くなったりします。このような状態のときに脱毛処理をしても、あまり効果があらわれないということが多いのです。また、ホルモンバランスが崩れていると、肌にも影響が出ます。デリケートな部分の脱毛では、肌への影響も考えられます。 ミュゼ小倉≪WEB予約と店舗案内≫はコチラ! 当然、ホルモンバランスが安定し、効果のよく出る状態で処理を行いたいですよね。そのため、脱毛サロンやクリニックなどでは、こうしたときの光脱毛などをお断りしているのです。光脱毛に使われる光自体は、皮膚の極浅いところで作用するので、胎児や母体に悪影響を与えることはまずないと言われています。しかし、実情として、妊婦や胎児に臨床実験を行うことはできないので、安全かどうかを測るデータが取れません。したがって、100パーセント安全であるということも言い切れないのです。そのため、妊娠中の脱毛は避けたほうが賢明と言えるでしょう。

このブログ記事について

このページは、Honshimaが2014年5月13日 00:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「顔脱毛を受けるときは口コミを重要に」です。

次のブログ記事は「顔脱毛は妊婦さんでも大丈夫?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7